土地が高くても大丈夫|マイホームを掲げるなら注文住宅に決まり|新時代の幕開け

マイホームを掲げるなら注文住宅に決まり|新時代の幕開け

土地が高くても大丈夫

一軒家

広い家か利便性か

マイホームを検討する際、まずは土地探しから始めるでしょう。東京の場合、生活の利便性を確保するために都心部に近い土地を購入するとしたら、当然坪単価が高く、狭い土地であっても高くなってしまいます。安く土地を探すのであれば、駅や都心部から離れていけばいいのですが、それだと日々の通勤や通学で時間がかかります。では、東京でマイホーム建築の費用を抑えるには、多少の不便さを我慢する以外無いかというと、そうでもありません。高い土地の上にローコスト住宅を建てることも方法の一つです。まずは利便性を無視してでも広い家を建てることと、便利な場所にローコスト住宅を建てて利便性を確保することのどちらが重要か考えてみてください。

なぜ家を建てるのか

もちろん予算に余裕があるのであれば、こんな悩みは不要です。しかし、限られた予算でマイホーム建築を検討するなら大体ぶつかる問題です。まだ若く、これから何十年も会社勤めをしなければいけないのであれば利便性を確保する方をおすすめします。いつか定年をむかえ、静かな場所で暮らしたくなった時に土地が高く売れる可能性も高いです。そうすればローンが残っていても残債の払いにあてられますし、引っ越しや新しい生活の費用の足しになります。ローコスト住宅といっても掘っ立て小屋が建つわけではありません。近年のいくつかの震災を経て、消費者の目も厳しくなっています。さらに東京という地価の高い地域ではローコスト住宅の需要も高く、それだけに激戦区となるため、東京ならではの狭小地でも高品質な建築ができる業者が多数あります。